スポンサーサイト

  • 2015.02.18 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    夜空ノムコウに何を描く?

    • 2012.12.11 Tuesday
    • 00:25
    また夜景ネタかよと突っ込まれそうですが、今回ご紹介するのはタカラトミーアーツの「夜空におえかき」というアイテムです。これは、さまざまな色が表示できるペンライトの軌跡を専用のアプリで撮影し、ライティングアートが楽しめるというものです。つまりライトで暗い夜空に素敵なイラストを描いてみましょうというコンセプトのオモチャ。iPhoneを使うのが今風ですし、なんだかとってもクリスマス向きじゃありませんか?

    届いたのでさっそく開封してみました。本体の動作には単4電池×3本が必要ですが付属していませんのでまずは用意して挿入してください。ペンライトというので小さいものをイメージしていたのですが、思っていたよりサイズは大きめな印象です。本体はブルーとオレンジの2種類があるのでお好みで。ペンにあるボタンを押すとさまざまな色や効果が切り替えられます。

    続けて専用アプリの「夜空におえかき」をiPhoneにインストールします。

    夜空におえかき App
    カテゴリ: 写真/ビデオ
    価格: 無料

    起動すると「お手本」画面、「撮影」「アルバム」とありますので、「撮影」ボタンをタップしましょう。すると、「写真」では「撮影時間」が1秒から無限まで設定できます。さらに1枚の静止画撮影だけでなく2コマ、5コマ、7コマの連続撮影でGIFアニメの作成も可能です。背景が暗い場所に移動して三脚を用意するか、誰かに頼んで撮影を開始しましょう。5秒間のカウントダウンののちに指定した秒数の間撮影されますので、ペンの点灯ボタンを押して空中に大きく絵を描いてみましょう。
    そうすると、こんな感じの写真が撮影できます。慣れてきたら文字や記号などのお絵描きにもチャレンジしてみましょう。撮影した写真やアニメはアルバムに保存できるほか、FacebookやTwitterにも投稿できます。
    ついでにアニメーションにも挑戦してみました。ええ、クリスマスとか言ってる場合じゃないんですよ(汗)。今週入稿なんです。
    ということで、「夜空におえかき」の紹介でした。いろいろな表現が可能ですので、試してみてはいかがでしょうか。

    【お知らせ】このブログはNANFULI.アドベントカレンダーに参加しています。クリスマスの25日まで日替わりでさまざまなメンバーがリレーエッセイを投稿していくという企画です。栗原が11日目を担当いたしました。

    君の瞳は10000V、ちょっと電圧高すぎじゃね?

    • 2012.12.06 Thursday
    • 10:00
    ということで、時代は省電力なLEDですね。クリスマスイルミネーションもここ数年で豆電球からすっかりLEDに変わった感じがします。都内で人気のイルミスポットといえば表参道とか六本木、汐留あたりですか? でも、ちょっとオシャンティーすぎるし人手も多くて楽しめないな〜というあなたにオススメなのが、東京よみうりランドのジュエルミネーションです。イルミを撮影するだけなら入場料金700円、遊具で遊ぶならナイトパス1200円がお得です。年内いっぱいは毎日営業、15日からクリスマスまでは夜の21時まで楽しめます(詳細な営業時間や料金はリンクを参照ください)。

    遊園地なのに最寄り駅に急行が停まらなかったり、路線バスかゴンドラリフトで山の上まで連れて行かれたりとなかなかカントリーな立地ではありますが、その代わりにイルミネーションの規模も鮮やかさも都内随一であります。
    当然、この時期の園内はカップルがキャッキャウフフしていますので、一人で訪れるともれなく「すいませ〜ん、シャッター切ってくださーい(はあと」とスマホかコンデジを渡されますので、愛想良く「はい、チーズ」とか言って内蔵フラッシュを焚いて肝心のイルミネーションが映り込まないツーショット写真にしてあげましょう。

    で、今日の本題はこのイルミネーションをiPhoneでキレイに撮影する方法についてです。iPhoneカメラも結構優秀なのでフラッシュを使わなくても、そこそこキレイに写ります。というか、フラッシュを焚いてもイルミネーションが設置された木々や観覧車まで光は届きません。
    iPhone用のミニ三脚などを用意すれば手ブレも無くよりキレイに写りますが、出来上がった写真を見ると「なんだか思ったより普通...」と感じるかもしれません。あとで別のアプリで加工するという方法もありますが、その場で印象深い写真を残すには「夜撮カメラ」などのアプリを使ってみましょう。

    夜撮カメラ App
    カテゴリ: 写真/ビデオ
    価格: 無料

    このアプリは無料といいつつ250円のアドオン課金で購入しないとフル機能が使えないという最初だけまどろっこしい仕様ですが、手軽に印象的なイルミネーション撮影ができます。仕組みとしては複数の写真を連続して撮影したうえで合成するというものです。「コンポジットモード」という夜景専用のモードで何フレーム撮影するかを設定できます。初期設定では30フレームですが、イルミネーションほどの光量がある場合はもう少し短くても構わないでしょう。
    あとは撮影する画像のサイズを設定して普通のカメラアプリ同様にカメラアイコンをタップしてシャッターを切るだけです。連続撮影のため通常より撮影時間はかかりますので、なるべく三脚などでカメラを動かさないようにしましょう。
    撮影後はそのまま写真をカメラロールに保存できるほか、明るさやカラーなどを自由に調整できます。
    ここでは少しオーバーに補正していますが、意外なほどノイズが出ていないことがわかります。
    ということで、iPhoneによる印象的なイルミネーションの撮影方法のご紹介でした。


    【お知らせ】このブログはNANFULI.アドベントカレンダーに参加しています。クリスマスの25日まで日替わりでさまざまなメンバーがリレーエッセイを投稿していくという企画です。栗原が6日目を担当いたしました。

    iPhone 5 コンプリートガイド+厳選アプリ200 au&SoftBank対応

    • 2012.11.29 Thursday
    • 23:35
    小原 裕太,栗原 亮,阿部 信行,リブロワークス
    インプレスジャパン
    ¥ 1,764
    (2012-11-26)
    コメント:一部執筆で参加しました。

    インプレスジャパンより11月26日に発売されました。一部執筆に協力させていただいています。iPhone 5&iOS 6の基礎から応用に加え、インストールしておきたい厳選アプリ200本が収録されているのが本書の特徴です。初めてiPhone 5にした人や、買い替えを検討している人におすすめいたします。

    JUGEMテーマ:iphone 

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    LOGPI

    userheat

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM